美容皮膚科の求人を見つけて

最新のマシンを使った美容医療の世界に


皮膚科でもいろいろ治療に携わりましたが、ほとんどが同じ薬を処方しておしまいという感じで、なんとなく単調な日々を過ごしていました。毎回同じ薬を処方するだけなら機械でもできるのでは、と若干疑問を感じていました。 そこで、最新のマシンを使った美容医療の世界に興味を抱くようになりました。それまで働いていた皮膚科が個人経営のおじいちゃん院長だったので、余計に薬の処方という古風な方法しか使っていなかったのかもしれませんが、新しい機械がたくさんある美容皮膚科の世界はきらびやかに見えました。 美容外科だと外科手術があるので怖いですが、美容皮膚科 であれば外科手術まではいかないので、多少安心感もありました。 ただ、いきなり美容医療の世界に飛び込むのはためらいがありました。美容医療の世界は癖があるので、合う人もいれば合わない人もいるという温度差が激しい世界だと聞かされていたからです。 ただ、自分は美容医療の営業のような仕事も嫌ではありませんでしたし、患者さんが納得して自分でお金を出して綺麗になるというのであれば、何も問題ないと考えていました。 その点では心配ありませんでしたが、仕事がガラッと変わるのではないか、美肌ではないと受け入れられないのではないか、などが不安材料でした。


ナース

トップへ戻る